企業沿革

1921(大正10)年  初代CEOである川間宮源五郎(かわまのみやげんごろう)が東京市千住(現在の北千住)にて「葛飾鐵道」を設立する

1923(大正12)年  弊社初の鉄道路線として北千住~八潮(現在の八潮木曽根)を開業する

1923(大正12)年  関東大震災が発生し甚大な被害を受け、復旧に失敗し設立3年目にして早くも倒産する 破産法(現在の会社更生法に相当)を適用される

1924(大正13)年  しれっと復活する

1928(昭和2)年  手賀沼線の前身である「青砥線」を開業する

1930(昭和5)年  新年の辞にて川間宮源五郎が「不動産業ができれば鉄道は止まっていても良い」と発言し、財界からバッシングされ、その後引責辞任する 後任に長須新左衛門(ながすしんざえもん)が就任する

1931(昭和6)年  「葛鐵不動産業社」(現在の常武不動産)を持株会社として設立し、不動産事業に参入する

1936(昭和11)年  長須新左衛門が日光街道にて交通事故(電柱などの公共物を破壊)を引き起こし、引責辞任する 後任に善竜寺京四郎(ぜんりゅうじきょうしろう)が就任する

1937(昭和12)年  乗合自動車(バス)事業を開始する

1943(昭和18)年  当時北千住~境間の路線を運営していた「中川電力鉄道」を買収する

1944(昭和19)年  善竜寺京四郎が陸軍に召集された為、臨時経営最高責任者に三野木栄進(みつのきえいしん)が就任する

1945(昭和20)年  東京大空襲によって鉄道設備に甚大な被害が出る

1945(昭和20)年  終戦の日を迎え、善竜寺京四郎が復員したため再度CEOに就任する

1946(昭和21)年  「常武鉄道」に企業名を改称する

1948(昭和23)年  現在の「常武急行電鉄」に企業名を改称する

1953(昭和28)年  「常武急行開業30周年記念祭」で大吟醸を2升飲み泥酔した善竜寺京四郎が公衆の面前で嘔吐する

1961(昭和36)年  「手賀沼ディズニーランド計画」の発表に伴い、「一世一代の大事業」として手賀沼線の全線高架化・高速化に着手

1965(昭和40)年  善竜寺京四郎が天ぷらの食過ぎで死ぬ 後任に弊社初の女性CEOとして薬師台ひろ子(やくしだいひろこ)が就任する

1968(昭和43)年  手賀沼ディズニーランド計画が頓挫 同計画実施の前提で行われていた手賀沼線高規格化工事の負債を返済できなくなったことにより倒産まであと一歩のところまで経営が悪化するが、自治体からの補助金などで耐える

1970(昭和45)年  スーパーマーケット「常武ストアー」が開店する

1972(昭和47)年  「開業50周年記念事業」として行っていた高架化工事においてインサイダー取引が行われていたことが発覚し関係者が逮捕される CEO薬師台ひろ子が引責辞任し、後任に尾崎台豊(おざきだいゆたか)が就任する

1973(昭和48)年  「常武急行開業50周年記念祭」でボルドーワインを2リットル飲み泥酔した尾崎台豊が公衆の面前で嘔吐する

1973(昭和48)年  石油ショックによって経営が悪化し、倒産寸前にまで追い込まれるが耐える

1975(昭和50)年  「開業50周年記念事業」が2年遅れで竣工し、路線の延伸などが行われる

1976(昭和51)年  ゴルフクラブ「常武カントリー倶楽部」を開設する

1979(昭和54)年  尾崎台豊に初孫、尾崎台幸雄が誕生する

1981(昭和56)年  常武不動産が設立50周年を迎える

1983(昭和58)年  尾崎台豊が愛人問題を引き起こし、引責辞任する 後任に大南原清隆(おおなんばらきよたか)が就任する

1984(昭和59)年  お昼の情報ワイドショーに出演した大南原清隆が「つまらない」と話題になる

1988(昭和63)年  テレビドラマに駅のベンチで横になり爆睡する大南原清隆が映りこみ、引責辞任する 後任に北利根川進(きたとねがわすすむ)が就任する

1991(平成3)年   ソビエト連邦崩壊によって経営が極度に悪化し、倒産の危機を迎えるも間一髪耐える

1993(平成5)年  「常武急行開業70周年記念祭」で紹興酒を2リットル飲み泥酔した北利根川進だったが、なんとか持ちこたえる

1995(平成7)年  フランスの鉄道事業に投資を開始する

2000(平成12)年   ミレニアム記念列車に北利根川進が乗車したところ、途中駅で無理やり乗客に降ろされる

2003(平成15)年   新年の辞にて北利根川進が前述の「不動産業ができれば鉄道は止まっていても良い」発言を紹介した際に発した「現在もこう思っている」という発言が誤解を呼び、引責辞任する 後任に現CEOである新坂東玉三郎(しんばんどうたまさぶろう)が就任する

2009(平成21)年  バス事業とタクシー事業を「常武急行自動車サービス」として統合する

2018(平成30)年 「常武急行開業100周年記念事業」がスタートする