坂東線

概要

坂東線は南長須駅から本線と分岐して、坂東市の和ノ宮駅へと向かう支線です。全列車が本線に直通し、本線と一体化して運行しています。通勤特急は、ほぼ全列車が坂東線に発着します。

駅一覧

和ノ宮(かずのみや):茨城県坂東市

坂東岩井(ばんどういわい):茨城県坂東市

坂東(ばんどう):茨城県坂東市

新坂東(しんばんどう):茨城県坂東市

南長須(みなみながす):茨城県坂東市

沿革

1975(昭和50)年 川間線の支線「岩井線」として南長須~和ノ宮間開業

1978(昭和53)年 万世橋線との直通運転開始

1985(昭和60)年 通勤特急を運転開始

1998(平成10)年 通勤快速を運転開始

2002(平成14)年 全線複線化

2005(平成17)年 岩井市が猿島町と合併し坂東市となるのに合わせ、「岩井線リニューアル」と称し新装開業。東岩井駅を坂東岩井駅に、岩井市駅を坂東駅に、さらに新坂東駅を開業させ路線名も「坂東線」に改称した。